1. TOP
  2. 同居をうまくやっていく方法と同居の断り方

同居をうまくやっていく方法と同居の断り方

2016/03/04 未分類
この記事は約 5 分で読めます。

今回はどうしても同居をしなくてはならない人のためにうまくやっていく方法と同居をしたくない人のために旦那さんにどう断ればいいかを紹介しようと思います。

まずは、同居生活をどううまくやっていくかから紹介します。
1つ目は、旦那を味方につけることです。
そして、旦那さんに嫁にとって姑は他人だということをしっかり理解してもらうことが大切です。旦那さんにとっては母親であっても、嫁にとっては「他人」なのです。ここを理解してもらえないと「どうして家族なのに」と思われてしまいます。
結婚しても姑を家族とは思わないですね!

そして姑に言いたいことがあるけど直接言いにくい時は、旦那さんから言ってもらいましょう。嫁から言うと角が立ってしまうので、そんな時は旦那さんに頼みましょう。このときに姑に「嫁が言わせている」と気付かれないようにしましょう。気付かれてしまうと、めんどうになります。
旦那さんに「~って嫁が言ってたよ」と言われないように、最初に言っておくといいでしょう。

他には旦那さんと定期的に話をすることです。一緒に暮らしていれば不満が溜まるものです。旦那さんと2人で話せる時間と作り、話し合いましょう。身内のことを悪く言われるのは、嫌なものなので、きちんと言葉を選びながら冷静に話し合うことが大切です。
愚痴などは、旦那さんではなく友達に聞いてもらうといいでしょう。

2つ目は、プライベートの時間とプライベートの場所を作ることです。
食後に無理に団らんをつくるのではなく、それぞれで楽しむことにしてみたり、自宅に帰る前にどこかで一息つくようにして、自分の時間を作るといいでしょう。

他にも、お互いが絶対に入ってはいけないと場所を決め、プライベートな場所を作ることも大切です。

3つ目は、水を使う所にはルールを決めることです。
お風呂や洗面所、トイレやキッチンに事前にそれぞれルールを決め、争いが起こらないようにしましょう。
例えば、脱衣所に入る前には必ずノックすることなどです。

4つ目は、気を使いすぎないことと、遠慮しすぎないことです。
姑は生活をする上で、目上の立場なので遠慮してしまいますが、良い嫁に無理になろうとしないで、自分がしたいようにしてみることです。家事を少しサボったりしてみることですが、これはなかなか出来ないですよね・・・

5つ目は、ストレスを発散することです。
やはりストレスを溜め続けるといつか爆発してしまいますから、こまめに発散しましょう。

話を友達に聞いてもらい、ストレスを発散したり、友達と出かける時間を作るといいでしょう。
そして、1人で出かけてみるのもいいでしょう。買い物に行ってみたり、1人でもカラオケなどに行ける人は行ってみるのもいいかもしれません。

とにかくリフレッシュできる時間を作ることが大切なのです。

6つ目は、思いやりを持つことです。
他人ですが、一緒に暮らすので、母の日や誕生日などはプレゼントなどを用意して祝ってあげるといいでしょう。他にも外出した時に、お土産を買って行くことも効果的ではないでしょうか。

7つ目は、同じ生活をしようと考えない。
同じ生活をすることは難しいし、大きく変える必要はありません。世代も違いますし考え方や育ち方も違いますから、同じ立場になるなんて出来なくて当たり前です。
なので同居する前に皆で話し合ってみるといいでしょう。決められることはその時に決めると後が楽だと思います。

8下手に出て話してみる。
トゲがある言い方をしてしまうと、もめ事になるので、家事をしてもらった時は感謝の気持ちを伝えてみましょう。
料理を作る時に「味見してみてください」と言いてみるのも1つの手だと思います。
我慢するのではなく、相手を尊重することです。

こういったことを試して出来るだけ、同居生活が上手く行くようにしましょう。
旦那さんがマザコンだと1つ目のものは効果がないと思いますので、気を付けましょう。

続いては、旦那さんが「同居をしようと思うんだけど」と言ってきた時に、絶対したくないという人もいますよね。そう言った時にどう断るかです。
はっきり言ってしまうと喧嘩などになりかねませんから、やんわりと断りましょう。
1つ目は、「またまたー、本気で言ってないよね」などと真面目に取り合わないことです。ですがこれを言う時は、旦那さんがどんな感じなのかを見ましょう。旦那さんが真剣な顔で良いているのにこれを言うと反感を買うかもしれません。

2つ目は、無理な条件を出してみましょう。
中途半端に叶いそうなことを言ってしまうと、同居の話が進んでしまうので、絶対に叶えられないことを考えて言うことが大切です。

3つ目は、夫婦の時間を優先する
「あなたとの時間を大切にしたいの」なだ言ってみたり、「親がいたらこんなことできないよ」といって甘えてみるのも効果的かもしれません。
「しばらくは」とか「今は」と言う言葉を使うと、「じゃあいつからなら大丈夫?」と言われてしまうといけないので気を付けてください。

4つ目は、「私も自分の親と同居したいの」と言いてみる
本当に同居しようと考えていなくても、言ってみるといいでしょう。こう言われたら、旦那さんも義理の親と暮らす気持ちがわかるはずです。同じ気持ちになれば、何か変わるかもしれません。

このような言葉を試しに言ってみてください。絶対うまくいくかはわかりませんが、試してみると何か変わるかもしれません。

\ SNSでシェアしよう! /

新婚生活からまさかの同居!立ち振舞のコツを紹介の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

新婚生活からまさかの同居!立ち振舞のコツを紹介の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介

carnepiemontese

この人が書いた記事

  • NO IMAGE

    同居をうまくやっていく方法と同居の断り方

  • NO IMAGE

    実の親との同居

  • NO IMAGE

    どうして私が旦那の親と同居しないのか

  • NO IMAGE

    2世帯住宅の同居

関連記事

  • NO IMAGE

    実の親との同居

  • NO IMAGE

    どうして私が旦那の親と同居しないのか

  • NO IMAGE

    旦那の親との同居

  • NO IMAGE

    2世帯住宅の同居